事業承継にM&A

日本の中小企業には、世界で誇れるほどの技術を持っている会社が多数あります。しかし中小企業で今一番問題なのが後継者不足です。せっかくの技術も後継者不足によって立ち消えてしまったら、日本の重大な損失になってしまいます。今、中小企業の事業承継にM&Aをスムーズに行うことが求められています。

中小企業の事業承継問題

戦後長らく日本の製造業を支えてきたのは、下町を中心に物作りに勤しむ中小企業でした。しかし、そのような企業の多くはオーナーが経営も担っているのですが、彼らが高齢化してきたことにより、後継者問題に悩む…

Read more

日本の伝統や技術を守りましょう

長年の事業継続の結果、独自の技術やノウハウや実績など、高い事業価値を有するにも関わらず経営者の高齢化とそれに対応する後継者を見出すことができずに、廃業せざるを得ない中小企業が増加しています。取引先…

Read more

M&Aで事業承継

企業を継承する手段の一つとしてM&Aという形態があります。M&Aとは「Mergers and Acquisitions」を略したもので「合併と買収」と意味します。複数の会社が合併して1つになること…

Read more

企業価値を高めるM&A

M&Aとは企業の合併及び買収の事を指します。自社における新規事業立ち上げよりも、より効率的に他分野への参入が可能になり企業価値を向上させることが出来ます。

M&Aのメリット

M&Aには、譲渡企業・譲受け企業の双方にとって大きなメリットがあります。後継者不足の問題解決や事業の拡大などを、大きな資金の投入が無くてもお互いの会社のチャネルを利用する、持っている技術の交流・人事交流などで解決できます。

譲渡企業のメリットについて

Read more

譲受け企業のメリットについて

Read more

M&Aを成功させるために重要なこと

大きな会社を買収するときのコツ

M&Aは他の会社を買収できるので、自分の会社に吸収をして大きくさせることができます。ただし大きな会社を買収するときには注意点があるので知っておくといいでしょう。規模が大きい会社を吸収するときは取得価格も多くなってしまいます。コストを掛けるのならそれに相応する費用対効果が得られないと意味がないです。 これはどの部分を重視するのかを確認しておきます。例えば売上を重視するのか、支店や倉庫といった設備に着眼するのかでメリットが変化するのが特徴です。自社に足りないものを補えるのかも重要な要素と言えるでしょう。統合後はポスト・マージャー・インテグレーションも難しくなるのかどうかも判断して行うと安全性が高いです。

買収をするときにはコストに注意が必要です

他社を買うという行為はお金を消費します。問題なのは譲渡価格で、基本的にM&Aには小売店で販売する商品のように値札が付いていないのが特徴です。そのため買収をする会社の適正価格がわからないといったデメリットが発生します。高く買い取ってしまうとコストがかなりかかるので注意しておきましょう。 適正価格を見極めるのはかなり難しい作業ですが、重点を絞るべきは将来性といえます。買収をした後にその会社将来どれくらいの利益を出してくれるかを考えるといいです。商売は長期的に続かないと意味がないので将来も考えたM&Aが重要、これを考えたうえで買収金額を決定します。相手の提示した金額と買収先の事業計画書を見てコストを取り戻せるのかを検討しましょう。